種類について

南米が原産のマテ茶は、世界三大飲料と呼ばれ、コーヒー、紅茶に並ぶ人気の飲料として、南米はもとより世界中で愛されているお茶です。
ビタミンやミネラルが大変豊富で、鉄分やカルシウムの含有量も高く女性にオススメです。

 

「飲むサラダ」という異名を持つほど、豊富な栄養素をもった飲み物なので、肉食中心の食生活を送っている人たちには大変重宝されています。

 

そんなマテ茶には2つの種類があります。

 

一つ目はグリーンマテ茶と呼ばれるもので、収穫してすぐにサペカードと呼ばれる葉の表面にひび割れを起こす作業を行った後、乾燥を行います。その後細かく粉砕したら一年間貯蔵して熟成させると、グリーンマテ茶として世界中に流通します。

 

二つ目はローストマテ茶と呼び、グリーンマテ茶を更に焙煎させて見た目が茶色になったマテ茶があります。

 

焙煎することで香ばしく飲みやすくなる一方、栄養素は少し減ってしまうのが難点です。

 

香りにくせがあるため、初めての人は飲みやすいローストマテ茶のほうが飲みやすいでしょう。

 

栄養成分にこだわる人や、くせのある香りが好きだという人はグリーンマテ茶が人気です。

 

毎日の生活に取り入れることで、体の健康維持効果が期待できるお茶です。ピーマン02

Comments are closed.