お茶の健康成分

ピーマン01

マテ茶はフラボノイドを多く含み、「飲むサラダ」とも言われています。フラボノイドとは、ポリフェノールの一種で、緑茶にも含まれている成分ですが、マテ茶の方が多く含まれています。

 

緑茶などにはタンニンやカフェインといった刺激物も多く含まれているのですが、マテ茶にはこのタンニンやカフェインはあまり含まれていません。カフェインが少ないうえ、味わいや香りも夜のリラックスライムに飲むことをお勧めできるお茶です。

 

鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、マグネシウム等のミネラルも多く、マテインというテオブロミンやビタミンC、ビタミンB1,ビタミンB2も豊富に含まれています。お茶の中ではもっとも多く、カルシウムが含まれています。

 

また、茶葉の一部も飲用できる飲み方をすれば、カロチン、葉緑素、食物繊維も摂取することができます。このように栄養成分も大変豊富に含まれているお茶なのです。

 

この成分のおかげで、造血作用を促す。ナトリウムが少ないので、高血圧や心臓病患者の方も安心して飲むことが出来る。肌を美しくしてくれ、眼精疲労によい。消化器の働きを助ける。利尿効果がある。疲労回復を促す。血糖値を下げる。脂肪の代謝を促す。などの、よい働きがあるのです。

 

Comments are closed.