Archive for the ‘未分類’ Category

記憶力や認知機能に対する効果を知ろう

“数年前に大手飲料メーカーから発売され認知度が高まり、人気も定着しつつあるマテ茶。アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルで広く飲まれているお茶の一種ですが、嗜好品であると同時にビタミン、ミネラル、葉緑素を豊富に含むことから飲むサラダと評され、健康飲料としても広く知られるようになってきました。

 

一般的にマテ茶の効能には滋養強壮、抗酸化作用、抗アレルギー、肥満防止、美容増進、糖尿病対策、肝機能の保護などがあげられます。さらに特筆すべきなのが、記憶障害に効果があるといわれていることです。

 

マテ茶には認知能力を改善する効果があると、古くからいわれてきました。マテ茶を摂取したマウスにモリスの水迷路の実験を行った結果、そのような効果があると実証されています。モリスの水迷路とは、一カ所だけ浅くしてある水槽にマウスを入れると、でたらめに泳いでいたマウスが周りの景色から浅瀬の位置を覚える、というものです。空間における自分の位置の学習、というものですが、マテ茶の認知に関する効能には科学的根拠が存在するわけです。

 

また、マウス実験によるパーキンソン病に対する予防効果の可能性も指摘されており、神経系の障害に有効ともいえるでしょう。魚介02

コレステロール値を下げて生活習慣病を予防しよう

コレステロール値とは血液の状態を計るの指標となる値のことです。

 

食事で摂取されるわけではなく肝臓でつくりだされ、人のあらゆる組織の細胞膜に存在する脂質です。

 

しかし、そのすべてが悪いわけではありません。

 

脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎは悪玉の値を上昇させ、動脈硬化などの病気を引き起こします。その一方で善玉は動脈硬化を予防する効果があります。双方のバランスを保つことこそが、身体にとって大切であるといえます。

 

 

そこで、悪玉を減らす食品を紹介します。まず、タウリンを含む食品は肝臓機能をアップさせてくれます。タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。食物繊維が豊富な食品も効果的です。

 

魚介01また、植物油を積極的に活用するようにしましょう。青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品に含まれるオメガ3脂肪酸も、細胞が正しく機能するためには不可欠なものです。
善玉には細胞膜を作る・筋肉を作るホルモンの原材料・栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸の原材料、としての役割があります。こちらは食事よりも有酸素運動が有効です。激しい運動というわけではなく、ウォーキング程度で結構です。
このようにして、値をうまくコントロールしていきましょう。

美肌とアンチエイジングに

蟹マテ茶は。南米に自生するイェルバ・マテの葉から作られ、000年以上も愛用されてきた健康茶です。
野菜栽培が難しいと言われる南米「飲むサラダ」と呼ばれ、現在も愛飲されており、東洋茶・西洋茶と並んで「世界三大茶」のひとつとされています。

 

マテ茶には、美肌効果があると言われているため、近年、女性を中心に日本でも飲まれるようになりました。

 

マテ茶には、ポリフェノール、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンA、C、B1、B2などのビタミンが含まれています。
ポリフェノールには、アンチエイジング効果や抗酸化作用があると言われ、特に、ポリフェノールのフラボノイドは、高い抗酸化作用を持っており、ミネラルやビタミンも、健やかな肌を保つには重要な成分です。

 

また、マテ茶には、苦み成分であるテオフィリンという成分が血管を拡張してくれるので、血行が促進され、体のすみずみにまで必要な栄養を送ってくれます。もちろん肌にもしっかりと栄養素が送られるため、細胞が活性化し、代謝を促進されるので、正常にターンオーバーが行われます。
肌はターンオーバーによって生まれ変わり、修復されるため、結果的に肌が美しくなるのです。

痩せたい人は飲みなさい

マテ茶は、最近、巷で話題のお茶です。このお茶、隠れたダイエット効果があると言われています。

 

その理由は、このマテ茶が当分の吸収を抑えてくれると言われているからです。

 

別名、飲むサラダと言われているお茶がこのマテ茶で、ブラジルをはじめ、アルゼンチンやパラグアイなどの南米で飲まれているお茶です。

 

名前の通り、マテという植物から採れるお茶で、ビタミンA、ビタミンBを多く含んでいます。

 

それだけでなく、カルシウムや鉄も入っていて美容にいいとされているお茶。しかもリパーゼの活性を抑える作用もあり、コレステロール値を下げるはたらきもあります。そのため、皮下脂肪がつきにくくなり、肥満を防ぎます。

 
脂肪を分解してくれるので、飲みすぎ、食べ過ぎの後にも飲んでおくと皮下脂肪がつきにくくなります。また、ポリフェノールが多く含有されているのでワインを飲むのと同じ、またはそれ以上の効果もあるとか。ポリフェノールには癌を抑制する効果もあるので、肥満防止だけでなく病気予防にもいいお茶です。

 
飲み続けるほど肥満予防になるお茶なので、健康に気を付けている人にとっては愛飲したいお茶でもあります。

 

最近では「太陽のマテ茶」などペットボトルで飲めるマテ茶もあるので、飲んでみてはどうでしょうか。ミョウガ

主な効果について

マテ茶は南米原産のお茶で、体に非常にいいお茶です。

 

飲むサラダといわれているほど様々な成分を含んでいます。まずポリフェノールの1種であるフラボノイドを多く含んでいます。

 

ポリフェノールは血管の若さを保ったりなど、若さには欠かせない成分です。

 

また刺激物が少ないお茶なので、リラックスタイムに向いていて心を落ち着かせるのに適しています。

 

ですから夜のリラックスタイムに向いています。またミネラルが豊富なので、ビタミンと上手く補完しあって体に非常に有効なお茶です。

 

 

ミネラルの中には、鉄が含まれていて貧血の防止に大変有効です。特に女性は貧血になりやすいので、積極的に摂取したいです。

 

またカルシウムやマグネシウムも豊富でこれが便秘に非常に有効的です。便秘は長引いてしまうと、太ってしまったり吹き出物など体に悪影響がでてしまうのでその点でもマテ茶はおすすめです。

 

また血管を拡張する効果もあります。血管が収縮していると血液が末端にいきにくいので、冷え性になりやすくなります。

 

マテ茶で血管を広げるようにすれば末端まで血液がまわるので冷え性に大変効き目があります。

 

動脈硬化にも効き目があり成人病の予防にも大変向いているお茶です。フルーツ02

注意点とは

フルーツ01毎日の習慣で、コーヒーや飲酒を楽しんでいる人も多いでしょう。

 

しかし、コーヒーに含まれるカフェインやアルコールは美容にとって悪い影響を与える場合があります。
カフェインは、脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットの効果があるといわれているため、美容のためにコーヒーを愛飲しているという方も居るかもしれません。

 

しかし、カフェインは一部の説ではシミの原因であるメラニンを作る原因の一つといわれています。また、メラニンを精製するだけでなく、拡散する可能性もあるため、美しい肌を保つためには無理の無い範囲で、摂取する事を押さえた方がいいでしょう。

 

アルコールは、酒は百薬の長とも呼ばれて体を温める効果もあるため、体調に合わせて健康に害のない程度であれば血行を良くする効果もあります。

 

ですが、摂取しすぎた場合にはお酒の成分を内蔵が分解するのに、多くのエネルギーを消費するため肌の代謝にまわすエネルギーがなくなってしまいます。

 

また、多くのビタミンを分解する際に消費してしまうため、肌には悪影響を与えると言われています。

 

健康と美容に気を使う方におすすめなのが、マテ茶です。

 

マテ茶は、注意しなければならない刺激物を多く含んでおらず健康的で安心して飲む事が出来ます。
体の中から綺麗を目指す方には、マテ茶がおすすめです。

種類について

南米が原産のマテ茶は、世界三大飲料と呼ばれ、コーヒー、紅茶に並ぶ人気の飲料として、南米はもとより世界中で愛されているお茶です。
ビタミンやミネラルが大変豊富で、鉄分やカルシウムの含有量も高く女性にオススメです。

 

「飲むサラダ」という異名を持つほど、豊富な栄養素をもった飲み物なので、肉食中心の食生活を送っている人たちには大変重宝されています。

 

そんなマテ茶には2つの種類があります。

 

一つ目はグリーンマテ茶と呼ばれるもので、収穫してすぐにサペカードと呼ばれる葉の表面にひび割れを起こす作業を行った後、乾燥を行います。その後細かく粉砕したら一年間貯蔵して熟成させると、グリーンマテ茶として世界中に流通します。

 

二つ目はローストマテ茶と呼び、グリーンマテ茶を更に焙煎させて見た目が茶色になったマテ茶があります。

 

焙煎することで香ばしく飲みやすくなる一方、栄養素は少し減ってしまうのが難点です。

 

香りにくせがあるため、初めての人は飲みやすいローストマテ茶のほうが飲みやすいでしょう。

 

栄養成分にこだわる人や、くせのある香りが好きだという人はグリーンマテ茶が人気です。

 

毎日の生活に取り入れることで、体の健康維持効果が期待できるお茶です。ピーマン02

お茶の健康成分

ピーマン01

マテ茶はフラボノイドを多く含み、「飲むサラダ」とも言われています。フラボノイドとは、ポリフェノールの一種で、緑茶にも含まれている成分ですが、マテ茶の方が多く含まれています。

 

緑茶などにはタンニンやカフェインといった刺激物も多く含まれているのですが、マテ茶にはこのタンニンやカフェインはあまり含まれていません。カフェインが少ないうえ、味わいや香りも夜のリラックスライムに飲むことをお勧めできるお茶です。

 

鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、マグネシウム等のミネラルも多く、マテインというテオブロミンやビタミンC、ビタミンB1,ビタミンB2も豊富に含まれています。お茶の中ではもっとも多く、カルシウムが含まれています。

 

また、茶葉の一部も飲用できる飲み方をすれば、カロチン、葉緑素、食物繊維も摂取することができます。このように栄養成分も大変豊富に含まれているお茶なのです。

 

この成分のおかげで、造血作用を促す。ナトリウムが少ないので、高血圧や心臓病患者の方も安心して飲むことが出来る。肌を美しくしてくれ、眼精疲労によい。消化器の働きを助ける。利尿効果がある。疲労回復を促す。血糖値を下げる。脂肪の代謝を促す。などの、よい働きがあるのです。

 

マテ茶のエピソード

南米原産のお茶であるマテ茶には、100万人のローヤルゼリーというという呼び名がついています。

 

これはマテ茶が野菜が作ることが難しいといわれてきたこの土地で、様々な有効成分を含んだ栄養ドリンクとしての素晴らしさからつけられたネーミングです。

 

マテ茶には美容に効果的なビタミン類とミネラルがたくさん含まれています。

 

ビタミン類とミネラルは互いに補完する関係になっていて、どちらか一方だけでは上手く働きません。

 

バランスよく含まれていることによって、素晴らしい効果を発揮します。

 

これらの成分のおかげで美肌効果や眼精疲労や内臓機能の強化や肝硬変の予防まで、美肌に限らず生活習慣病までケアできてしまう、素晴らしいお茶です。

 

またカフェインの含有量が非常に少ないので、リラックスできる環境で飲むことが出来ます。夜のリラックスタイムに飲んでも大丈夫なので、寝る前もおすすめです。

 

他にもクロロフィルなど効果的な成分も含んでいるので、美肌や便秘改善や整腸作用など、たくさんの効果が期待出来ます

 

。100万人のローヤルゼリーという素晴らしい効果が期待できる飲み物でありながら、ネットなどで気軽に購入することができて値段も1000円いかない値段で購入が可能です。十分な食事がとれない場合などに飲むと非常に効果を発揮します。

パプリカ