美肌とアンチエイジングに

蟹マテ茶は。南米に自生するイェルバ・マテの葉から作られ、000年以上も愛用されてきた健康茶です。
野菜栽培が難しいと言われる南米「飲むサラダ」と呼ばれ、現在も愛飲されており、東洋茶・西洋茶と並んで「世界三大茶」のひとつとされています。

 

マテ茶には、美肌効果があると言われているため、近年、女性を中心に日本でも飲まれるようになりました。

 

マテ茶には、ポリフェノール、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンA、C、B1、B2などのビタミンが含まれています。
ポリフェノールには、アンチエイジング効果や抗酸化作用があると言われ、特に、ポリフェノールのフラボノイドは、高い抗酸化作用を持っており、ミネラルやビタミンも、健やかな肌を保つには重要な成分です。

 

また、マテ茶には、苦み成分であるテオフィリンという成分が血管を拡張してくれるので、血行が促進され、体のすみずみにまで必要な栄養を送ってくれます。もちろん肌にもしっかりと栄養素が送られるため、細胞が活性化し、代謝を促進されるので、正常にターンオーバーが行われます。
肌はターンオーバーによって生まれ変わり、修復されるため、結果的に肌が美しくなるのです。

Comments are closed.