マテ茶を飲もう

 

最近ペットボトル飲料でも販売されているマテ茶は、モチノキ科の潅木の葉や枝を乾燥、粉砕して精製したもので、主に南米大陸南東部地区(アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ)で生産されています。生産地域が限定されている理由は、赤土(テラロッサ)と言われる鉄分やカルシウムを豊富に含んだ土壌でしか育たないからなのです。

 

赤土の養分をいっぱい吸収して育った木から作られるお茶は、鉄分とカルシウムの含有量が高く、ミネラルやビタミンA・Bを多く含んでおり、葉緑素も豊富なことから「飲むサラダ」とも言われています。

ドリンク03

ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイを中心に、日本でいう緑茶のような感覚で、一般的な家庭飲料として飲まれています。その起源はパラグアイのグァラニ族が、活力を与える不思議な木として飲用を始めたものと言われており、ビタミンやミネラルなどを豊富に含むため、古来より健康茶として愛飲されてきたようです。

 

香りと味は少々個性的ではありますが、一度飲むとあとをひく、癖になる味わいです。
飲むサラダとも言われていますので、日ごろ野菜不足の人には特にお勧めしたい飲み物です。体によい成分が豊富ですので食欲増進・消化促進やビタミン補給なども期待できそう。是非習慣として取り入れたいものです。